マーケティング用語集

USP(Unique Selling Proposition)とは

USP=unique selling proposition(ユニーク・セリング・プロポジション)とは、広告の偉大なる巨匠(ロッサー・リーブス)が、1961年にアメリカにおける広告の巨匠ロッサー・リーブスがまとめた技法です辞書にも掲載されている言葉です。古くからあるマーケティングに活用する概念であり技法です。

USPとは「他社にない強み」ではない点です。

彼がまとめた広告の絶対的な法則こそUSPであり、その3つの定義は以下の通りです。

  • 広告は、消費者に向けて主張すべき点がなければならない。言葉を並べるだけ、言い広めるだけ、また、ショーウインドー的な広告、このようなことではいけない。読者にこう呼びかけるべきだ。「この製品をお買いなさい。そうすれば、あなたはこんなに良い点を得ることになるはずだ。」
  • その主張は競合が主張していないものか、それとも主張しようとしても出来ないことでなければならない。
  • その主張は、パワフルであり、多くの消費者を自社製品のほうへ引きよせるものでなければならない。

昨今ではモノ余りの時代となり、毎日のように似たような製品・サービスが生まれ、情報は氾濫しています。このような成熟業界に位置する中小企業にとって、企業ならではの差別化戦略打ち出しオンリーワンに向かっていくことは、今後生き残りに大きく関ってきます。

USPの活用は企業が本来もっている真の差別化すべきポイントに光を当て、個性を活かした成長と変化を促すためのマーケティング戦略となります。

近年ではこのUSPの概念を人にも応用するようになりました。人をウリにする職業や社長自身や社員スタッフといった人のUSPを活用することで業績を上げていけるのです。

リーブスの主張は1960年代のもので、当時から比べると現代社会の取巻くビジネス環境は明らかに成熟しており、差別化しにくくなっています。しかしどんな業種・製品・サービス・人でも必ずその突破口はあるのです。他社が物理的に出来ることでも、強い約束をすることで、競合優位を築くことができる。ここに、USPの本質があるわけです。

Pocket